人間ドックを毎年受診している人は慣れているため、検査を受ける時の過ごし方などを知っていますが、初めて人間ドックを受診する人は検査における不安が沢山あり、検査を受ける間の待ち時間もリラックスが出来ないケースが多いと言えます。

人間ドックでの検査には順番を待つだけの検査と、検査前に準備が必要な検査の2種類が有ります。



順番を待つ検査などの場合は、混雑している時などは少々時間を要するケースも有りますが、検査施設側も一つに検査に待機する人を集中しないような配慮を行ってくれますので、混雑している時でもそれほど長い時間1つの検査を受ける待ち時間が長くなるケースは少ないと言います。

しかし、検査を受ける前に準備が必要なものについては1時間から2時間ほど準備をしなければならないケースも有ります。

人間ドックといえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

例えば、PET検査や大腸の内視鏡検査などの場合は、検査時間は30分程度でも事前準備のための時間が1時間から2時間ほどかかりますので、その間の過ごし方などを考えておくことが大切です。

尚、PET検査や大腸の内視鏡検査と言うのは、オプションで用意されている検査になりますが、それぞれガンの早期発見に役立てられる検査でもあり、これに加えて胃部の内視鏡検査を受けることで大腸、小腸、食道、胃部に出来るガンの早期発見が出来ると言われているのです。



因みに、これらの検査をオプションで選んだ場合などでは、事前準備の時間が必要なることや、検査項目が増えるため、1泊2日などの人間ドックのコースに追加して行う必要が有ります。